ボードゲーム紹介
名画の人物はいったいどんな気持ち?

じっくりミレー

遊べる店舗

「芸術家」役の人が選んだ名画の中の人物の気持ちをみんなで予想するゲームです。

各プレイヤーは裏面が同じ模様の「気持ちカード」1セット6枚を持ちます。「芸術家」を1人決め、「芸術家」は好きな絵を中央に用意します。
「芸術家」は絵の1ヶ所に「特製がくぶち」を1つ置き、その場面にあった「気持ちカード」を手札から1枚選び裏向きで出します。他のプレイヤーは、「芸術家」が出した「気持ちカード」を予想し、同じカードを手札から1枚選び裏向きで出します。全員がカードを出し終わったら答え合わせし、正解した人はバラの宝石を1つ獲得します。
これを繰り返し、ゲーム終了時に一番多くのバラの宝石を持っていた人の勝利です。

楽しくおしゃべりしながら遊んで、みんなの感性を知ることができるゲームです。

ゲーム名
じっくりミレー
発売年
2019
メーカー
ちゃがちゃがゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る