ボードゲーム紹介
世界の珍獣の情報当てゲームこれであなたも動物博士…!?

ファウナ

ドイツ年間ゲーム大賞2009年 ドイツ年間ゲーム大賞 ノミネート作品

世界中の動物が描かれたお題カードを見て、生息地域・体重・体長などを推測して当てるゲーム「ファウナ」。見たこともない様々な種類の動物のカードが特徴的なボードゲームです。

fauna2

2~6人用のゲームで、最初にランダムにお題の動物カードを1枚選びます。カードに描かれた動物とその名前だけをたよりに、生息地域・体重・体長を予想したら、世界地図ボードにコマを置いて賭けていきます。たくさんの場所に賭けることもできますが、間違ってしまうとコマは没収になってしまうため、よく考える必要があります。

fauna3

全員が賭けおわったら、答え合わせです。見事正解したプレイヤーには高得点、ニアミスでも少し得点が入ります。答え合わせが終わったらまた新しい動物カードを出して、ゲームを繰り返していきます。最終的に得点が一番多い人の勝ちとなります。

家族で遊ぶのはもちろん、子どもから大人まで誰でも楽しく盛り上がれるオススメゲームです!

購入はこちら

作者
Friedemann Friese(フリードマン・フリーゼ)  
発売年
2008
メーカー
HUCH! & friends(ドイツ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る