ボードゲーム紹介
ハインリヒ6世の史実をもとにした重ゲーです

シュタウファー

シュタウファー家のハインリヒ6世を題材とした「シュタウファー」
円形の大きなボードが特徴的な、いわゆる重ゲーです。

2人から5人用ゲームで、プレイヤーは王の重臣となります。王は史実の通り各国を巡察しているため、プレイヤーはあらかじめ各国に自分たちの手駒を送り、自分だけの利益を狙うことが目的です。手番では「補充」か「配置」のどちらかのアクションを必ず行います。特徴的なのは、手番プレイヤーの決め方です。前ラウンドで補充を先に選んだプレイヤーから順に行い、次に配置を後に選んだプレイヤーから順に行います。手駒の数はプレイヤーによって差が出てくるため、他のプレイヤーよりも多く手番を行うプレイヤーもいます。

勝利点を狙うためには配置を行わなければなりませんが、配置するためには補充によって手駒を増やす必要と、次ラウンドで手番が遅くなってしまうというリスクがあります。先の先まで考える必要があり、得点要素も多いため、さまざまな戦略が必要となりますが、非常にやりごたえのあるゲームとなっています。

作者
Andreas Steding(アンドレアス・シュテーディンク)  
発売年
2014
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  Hans im Glück(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る