ボードゲーム紹介
豆を収穫、高額売却!取引生かして大量収穫、荒稼ぎ!!

ボーナンザ

自分の畑に豆を植え、上手く収穫出来れば高額で売ることが出来ます。効率よく収穫してより多くの収入を目指すゲームです。

プレーヤーはそれぞれ2つの畑を持っていますが、1つの畑には1種類の豆しか植えることが出来ません。ほかの種類の豆を植えるためには、すでに植えてある豆を先に収穫しなくてはいけません。しかし、豆はたくさん植えてあるほどより高額で売れるので、できるだけ高額になるまで植え続けてから収穫したいのです。そのためにプレーヤーは、ほかのプレーヤーと交渉して豆を交換し、効率の良い収穫を目指します。お互いにメリットのある条件を見つけて、より多くの収穫を目指すのがこのゲーム「ボーナンザ」です。

購入はこちら

ゲーム名
BOHNANZA
作者
Uwe Rosenberg(ウヴェ・ローゼンベルク)  
発売年
1997
メーカー
Amigo / アミーゴ(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る