実際に遊べるカルカソンヌクッキーを作ったよ、というお話

当時そこそこ話題になった気もしますが、そう言えばブログとしては書いていなかったなぁということで…

かれこれ3年ほど前のお話です。
当時の私はお菓子づくりにハマっていたんですが、ある時ふと
「ボードゲームモチーフのお菓子があったら可愛いのでは?」
と思いたち、何かいい方法はないかなと色々探していました。

そうしたところ、ステンシルクッキー(クリアファイルを切り抜いて型をつくり、その方にココアなどを振りかけて絵を描くクッキーです)というものがあるということを知り「よし、これでカルカソンヌのクッキーを作ろう!」と考えたのです。

ババアクッキー

↑ステンシルクッキーの例です。懐かしの某ブラウザゲームクッキー!

折角なら実物大で作って遊べるようにしたい!
ということで、

カルカソンヌクッキーd

わざわざアルミ板を買ってきてタイルとミープルサイズの型を自作!!

そしてほぼ全パターンのタイルの模様をクリアファイルを切り抜いて作成!!!

その結果…

カルカソンヌクッキーa

こんな感じで「遊べる!カルカソンヌクッキー」が完成したのです!!!!

ちなみに茶色の部分はココア、緑の部分は抹茶パウダーを使っています。

カルカソンヌクッキーb

大量のミープルクッキー…生地を少量しか使わないのでとんでもない量ができました;

カルカソンヌクッキーc

実際のミープルと比べるとこんな感じです。ほぼ実物大!

ちなみにこのクッキーを作るのに当日は朝5時まで起きて作業していました。(型製作時間を除く)
もう二度とやりません!!!

※全てのクッキーはお客さんとスタッフがおいしく頂きました。

番外編

某ゲームクッキー

他にはこんなクッキーも作ったことがあります。
これもとあるゲームのモチーフなんですが…みなさん分かりますか?

好きなゲームはdois、コンコルディア、ツォルキン、5本のきゅうりなど。 タイムストーリーズ布教し隊。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る