ちょっとまって!タイルを抜いた後の厚紙、捨てていませんか?

大箱や中箱のボードゲームを遊べるように開封した後には、タイルを抜いた後の厚紙がよく残りますよね。

コレ、みなさん捨てちゃってませんか?実はこの厚紙、有効な利用方法があるんです!

ボードゲームを開けた時によく見るこの光景。そして、遊べる状態にするとこうなります。

一見普通ですが、ほとんどのボードゲームではタイルのボードが箱に入ってぴったりのサイズとなっており、タイルを抜いて遊べる状態にすると、箱のふちと中の仕切りの高さに差ができてしまいます。この「遊び」がある状態で箱を縦に置いたり、移動させたりすると、中身のコマが暴れてしまい、他の部屋に移動してグチャグチャになってしまう可能性があります。特に、コマが細かったり、数が多いゲームではその被害も大きいです。みなさん、そんな経験ありませんか?(写真のアルハンブラはあまり影響のないゲームですが…)

それを防ぐためにしようするのが、本来はゴミであるタイルを抜いた後の厚紙です。これを箱の中の仕切りの下にしまいます。こうすると厚さ分だけ仕切りを底上げすることができ、結果として開けた状態と同じように、箱のふちと仕切りの高さが同じになります。この状態であれば、箱の中身がグチャグチャになってしまう可能性が大幅に削減できます!ぴったり!!

また、もう一つのメリットして、タイルが足りないという場合に、抜き忘れてしまったかどうかを確認することもできます。さらに、かさばる厚紙をゴミとして捨てなくても良い!

一石三鳥にもなるタイルの厚紙を捨てずに活用する方法、参考にしてみてくださいね〜!

ボドゲに限らずゲーム全般がすき。チョコとラムネと鳥もすき。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る