あの「おばけキャッチ」でバランスゲーム!?

子どもから大人まで幅広い層に人気の定番ボードゲーム、「おばけキャッチ」。反射神経と判断力が勝負のカギを握るスピード系のゲームです。

反射神経と判断力が試されるお手軽ボードゲーム「おばけキャッチ」 | roomie(ルーミー)

先日、僕が姪っ子(小学4年生)と「おばけキャッチ」で遊んでたときに、「これ、バランスゲームとしても遊べるんじゃない!?」と、ためしてみたらとても盛り上がったので紹介します。「おばけキャッチ」をお持ちのかたはぜひ試してみてくださいね!

協力系バランスゲーム「ぐらぐらおばけ」

あの「おばけキャッチ」でバランスゲーム!?

5つのコマだけを使います。カードは使いません。順番にコマを上に乗せていく、それだけです。
じゃんけんで勝ったほうが最初のコマを決めて、おきます。これが土台のコマとなります。次のひとは、残ったコマからひとつ選んで、土台のコマの上におきます。

あの「おばけキャッチ」でバランスゲーム!?

これを繰り返して、土台のコマ以外のコマが全て地面につかなければ全員の勝ち。とちゅうでバランスを崩して倒してしまったら、全員の負け。

あの「おばけキャッチ」でバランスゲーム!?

慣れてきたら

よりアンバランスなコマの順番で成功を目指してみましょう!

例:
・ビンの上におばけを乗せる(ちょいムズ)
・一番下の土台コマをネズミにする(ややムズ)
・一番下の土台コマをビンにする(激ムズ)

あの「おばけキャッチ」でバランスゲーム!?

「ややムズ」クリア〜!!↑

「ちょいムズ」と「ややムズ」はクリアできたが、「激ムズ」はまだ未クリア。そもそも不可能なのかもしれない。

JELLY JELLY CAFEのオーナーです。日本中にボードゲームカフェができる日を夢見て日々がんばっています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る