1986年ゲーム大賞受賞作品「アンダーカバー」。でもパッケージには「Heimlich&co」の謎

undercover

当店にも置いてある正体隠匿系ボードゲーム、「アンダーカバー2」。プレイヤーがスパイとなってプレイする前作アンダーカバーに、機密書類カードというアクションカードと追加ルールを加え、2となった作品です。正体隠匿系のゲームといえば、人狼などが挙げられますが、このゲームはすごろくの様にコマを動かしていく、一風変わったテイストとなっています。プレイヤーはエージェントのボスとなり、自分のエージェントを使って勝利を目指します。自分のエージェントコマは決まっていますが、サイコロの出目を相手のコマにも振り分けることができます。そのため、最初から露骨に動かすと自分のコマがバレてしまいます。いつ相手を出し抜くかということが必要になります。

そんなボードゲームですが、日本語訳された説明書には「アンダーカバー」と書かれているにもかかわらず、パッケージには「Heimlch&Co」の文字。一体どういう関連性があるのでしょうか?

まず、「アンダーカバー」。英語では「undercover」、「秘密の」という意味の形容詞です。

次に、「heimlich」。これはドイツ語で「密かな」、「こそこそ」を表す単語です。カタカナ読みならヘイムリッヒハイムリッヒと読みます。
そして「&Co」。これは「&Company」の略で、〜会社を意味します。
二つを合わせて意訳すれば、「秘密結社」といったところでしょうか。

全く関係なさそうに思える2つのゲーム名ですが、実はちゃんと関連性があったのです。

ぜひ一度、スパイになった気持ちで「アンダーカバー」をプレイしてみてくださいね!

ボドゲに限らずゲーム全般がすき。チョコとラムネと鳥もすき。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る