現在一部の店舗で営業を見合わせております。都内店舗および福岡天神店の営業再開時期に関しましては、政府の発表を鑑みてまた改めてお知らせさせていただきます。

現在営業中の店舗

5月30日より営業再開予定の店舗

詳細は以下のリンクをご確認ください

【名古屋大須店】緊急事態宣言解除に伴う営業再開のお知らせ
【横浜店・川崎店・大阪心斎橋店】緊急事態宣言解除に伴う営業再開のお知らせ

1986年ゲーム大賞受賞作品「アンダーカバー」。でもパッケージには「Heimlich&co」の謎

undercover

当店にも置いてある正体隠匿系ボードゲーム、「アンダーカバー2」。プレイヤーがスパイとなってプレイする前作アンダーカバーに、機密書類カードというアクションカードと追加ルールを加え、2となった作品です。正体隠匿系のゲームといえば、人狼などが挙げられますが、このゲームはすごろくの様にコマを動かしていく、一風変わったテイストとなっています。プレイヤーはエージェントのボスとなり、自分のエージェントを使って勝利を目指します。自分のエージェントコマは決まっていますが、サイコロの出目を相手のコマにも振り分けることができます。そのため、最初から露骨に動かすと自分のコマがバレてしまいます。いつ相手を出し抜くかということが必要になります。

そんなボードゲームですが、日本語訳された説明書には「アンダーカバー」と書かれているにもかかわらず、パッケージには「Heimlch&Co」の文字。一体どういう関連性があるのでしょうか?

まず、「アンダーカバー」。英語では「undercover」、「秘密の」という意味の形容詞です。

次に、「heimlich」。これはドイツ語で「密かな」、「こそこそ」を表す単語です。カタカナ読みならヘイムリッヒハイムリッヒと読みます。
そして「&Co」。これは「&Company」の略で、〜会社を意味します。
二つを合わせて意訳すれば、「秘密結社」といったところでしょうか。

全く関係なさそうに思える2つのゲーム名ですが、実はちゃんと関連性があったのです。

ぜひ一度、スパイになった気持ちで「アンダーカバー」をプレイしてみてくださいね!

ボドゲとか音ゲーとか家ゲーとかとか。ゲーム全般が好き。文鳥のしらたまと暮らしてます。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

ブラザーズ

L字 か I字、どちらがより多く置けるかを兄弟が競い合う頭脳戦のボードゲームです!

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト