「パンデミック」プレイヤーによるエボラ対策応援イベント!?

5c4305b6-6b0c-43b4-a73b-39703d9514f3

これは素晴らしいイベントですね。

西アフリカで今年発生したエボラウイルス・アウトブレイク。致死率の高さから世界中で危機感が高まっています。ボードゲーム「パンデミック」効果でウイルス対策意識が高まっている皆さんもだいぶ気になっているのではないでしょうか。

そんな中、「パンデミック」の作者であるMatt Leacock氏らが、「パンデミックプレイヤーというRole(役職)にできるアクションをしよう!」と、PandemicParty.com国際キャンペーンを始めました。12/6,7の土日、パンデミックを遊ぶ会を開き、その会費をまとめて寄付しようというものです。世界各地での開催が計画されています。

すばらしい企画だと思いますので、東京でも開催をいたします!

まだ日本で未発売の新作「Pandemic: The Cure」を使用とのこと。

smallcure

開催日は2014/12/06 (土) 、場所は渋谷です。
詳しい情報は以下のリンクよりどうぞ。残り席数わずかのようですのでお早めに!

パンデミック: エボラ対策チャリティー大会 | Peatix

JELLY JELLY CAFEのオーナーです。日本中にボードゲームカフェができる日を夢見て日々がんばっています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る