2014年度ドイツ年間ゲーム大賞が『キャメルアップ』に決定!

camel

1979年から毎年ドイツで選定されている、ボードゲーム関係の中でも最も権威のある賞と言われる『ドイツ年間ゲーム大賞』ですが、先日その2014年度版の大賞が発表されました!

今年度の大賞は『キャメルアップ』!!
先日ボードゲームカフェ渋谷のラインナップにも追加されたゲームです!

ダイスの出目による一発逆転要素があったり、高い配当を狙って早めに賭けるか、堅実に稼ぐためギリギリまで待つかの駆け引きがあったりと、大変オススメのゲームです!

ちなみに、今までの歴代受賞作はこんな感じだそうです。
印が付いているものは当カフェに置いてあります。)

1979年 ウサギとハリネズミ (Hase und Igel)
1980年 ラミーキューブ (Rummikub)
1981年 フォーカス (Focus)
1982年 ザーガランド (Sagaland)
1983年 スコットランドヤード (Scotland Yard)
1984年 ダンプフロス (Dampfross)
1985年 シャーロック・ホームズの犯罪事件簿 (Sherlock Holmes)
1986年 アンダーカバー (Heimlich & Co.)
1987年 アウフアクセ (Auf Achse)
1988年 バルバロッサ (Barbarossa)
1989年 カフェインターナショナル (Cafe International)
1990年 貴族の務め (Adel verpflichtet)
1991年 ドルンター&ドルーバー (Drunter & Druber)
1992年 ホーマスツアー (Um Reifenbreite)
1993年 ブラフ (Bluff)
1994年 マンハッタン (Manhattan)
1995年 カタンの開拓者たち (Siedler von Catan)
1996年 エルグランデ (El Grande)
1997年 ミシシッピクイーン (Mississippi Queen)
1998年 エルフェンランド (Elfenland)
1999年 ティカル (Tikal)
2000年 トーレス (Torres)
2001年 カルカソンヌ (Carcassonne)
2002年 ヴィラパレッティ (Villa Paletti)
2003年 アルハンブラ (Alhambra)
2004年 乗車券 (Ticket to Ride)
2005年 ナイアガラ (Niagara)
2006年 郵便馬車 (Thurn und Taxis)
2007年 ズーロレット (Zooloretto)
2008年 ケルト (Keltis)
2009年 ドミニオン(Dominion)
2010年 ディクシット (DiXit)
2011年 クゥワークル (Qwirkle)
2012年 キングダムビルダー (Kingdom Builder)
2013年 花火 (Hanabi)

歴代の受賞作も面白いのでオススメです!
是非遊んでみて下さいねー!(´∀`)

購入はこちら

好きなゲームはdois、コンコルディア、ツォルキン、5本のきゅうりなど。 タイムストーリーズ布教し隊。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る