【下北沢】タイムラインがPlayStation®VRで盛り上がって悔しいからVRボードゲームを買った。

JELLY JELLY CAFE下北沢店のバーチャルリアリティといえば押井守監督の「アヴァロン」だよね!でおなじみの酒井りゅうのすけです。

なんだか盛り上がってませんか?盛り上がってますよね?
PlayStation®VRさん。毎日タイムラインで見かけますよ。psvr

持ってないんですよ。悔しいかもしれないんですよ。
でもウチはプレイステーションカフェではなく、ボードゲームカフェなので仕方ないのでVRなボードゲームを勢いで購入しました。%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-24-21-52-50

むしゃくしゃしてたわけでもないですし、後悔はしていません。
手に入れたのはVRボードゲーム「アニュビスの仮面」です。

スマートフォンに専用のVRアプリをインストールして、仮面にセットします。順番に仮面をかぶって、画面にうつしだされた映像を制限時間内で仲間のプレイヤーに伝え、仲間はそれに応じて迷宮の地図をタイルで作っていきます。

公式サイトで紹介動画が公開されていました。

かなりゲームについては分かりやすい動画ですが、やはりVRに関しては体験するのと想像するのは全然違いますね!VRに偏りすぎる事もなく、ゲームの軸には間違いなく存在していて、しっかりボードゲームとVRが融合しています。

現在、JELLY JELLY CAFEでは下北沢店池袋店に「アニュビスの仮面」があります。

今後もVRボードゲームは色々と出てくるかもしれませんが、未体験の方は是非この機会に「アニュビスの仮面」でVR体験してみましょう!色はほらPlayStationぽいですし!!

下北沢店、水道橋店プロデューサー。 「ゲーム」×「演劇」×「カフェ」というフィールドで『現実』と『物語』を掛けわせたエンタメ作りをしています。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る