一瞬で1人が決まる!すぐゲームが始められる!

【最短で勝敗が決まる!】ゲーマーじゃんけんって知ってますか?

jan2

いろんな理由で誰か1人を決めるとき、「じゃんけん」をよくしますよね。ただ、大人数でじゃんけんをするとどうしても「あいこ」が続いてしまいます。

そんなとき、「あーもう少ない勝ちにしよう」とか、「…半分に分けてじゃんけんしよう」とかになりがちですよね。きっと内心、「こんなことに時間を使いたくないよ…早く本題に進みたいよ…」とか思ってるはずです。

そんなとき、覚えておくと役立つのがゲーマーじゃんけんです。

ゲーマーじゃんけんとは

ゲーマーじゃんけんはとても効率よく終わる決め方です。とくに難しい点はなく、用は少ない勝ち+αです。普通にじゃんけんをして、グー、チョキ、パーのうち最も少数派だった人が勝利となります。もし少数派だった人が同数だった場合、その少数派同士を今だしている手のまま勝負させ、通常のじゃんけんと同じように勝敗を決めます。少数派が1人ではなくても、一気に人数が少なくなりますので、そこからは通常のじゃんけんをしてもいいでしょう。あいことなるのは全て同数だった場合のみです。

例1

8人でじゃんけんをして、下の図のようになった場合、最も少なかったグーが勝利となります。
jan1

例2

8人でじゃんけんをして、下の図のようになった場合、最も少なかったグーとチョキが残りますが、グーはチョキに勝つので、グーを出した人が勝利となります。
8人から2人に人数が減るので、あとは2人で通常通りじゃんけんをすればサクッと決められます。
jan2

普通のじゃんけんに比べれば圧倒的に短く終わるはず。
一般的なじゃんけんでは負けているのに、スタートプレイヤーになるとモヤっとする場合もあるかもしれませんが、ボードゲームではスタートプレイヤーが不利なものも多いですし、単にすぐ1人を決めるためのものと考えてもらうと良いかもしれません。
覚えておくととても便利なので、一度試してみてくださいね!

ボドゲに限らずゲーム全般がすき。チョコとラムネと鳥もすき。
他の執筆記事はこちら

こんな記事もどうですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る