現在一部の店舗で営業時間を変更しております。

【店舗別営業時間一覧】

<6月21日〜7月11日>
・全店舗 13:00〜20:00 ※食べ物持ち込み禁止、酒類提供停止

詳しい料金表こちら

ボードゲーム紹介
「異議あり!」魔女裁判を舞台に交渉を行い名誉を手に入れろ!

魔女裁判

魔女裁判の再演として弁護士と検事となって裁判を行う「魔女裁判」。裁判はもちろん、交渉が重要なゲームです。

3人から7人用ゲームで、魔女裁判を行って名誉(お金)を一番多く稼いだプレイヤーの勝利となります。裁判では自分と他のプレイヤーが弁護士または検事となり、カードの効果を使って弁論を行います。最終的に容疑者が無罪となれば弁護士の勝利、有罪となれば検事の勝利となり、裁判料を受け取ることができます。しかし、裁判はどちらかの勝利になるわけではありません。弁護士と検事は自分の弁論が終わったあと、裁判料の取り分を決める司法取引として、交渉を持ちかけることができます。裁判に負けると確信して交渉をするのか、勝てると見込んで交渉をするのか、ゲームに勝利するためには様々な策略が必要となります。

裁判は証拠や動議、反論、告発カードを用いて進めます。基本的にはカードを出すだけで良いのですが、証拠カード【家族を愛している】のカードを出すときは「容疑者は愛する家族がいます。魔女と決めつけるのはどうなのでしょうか?」「容疑者は愛する家族がいるために、魔女にならざるを得なかったのです!」などと言ってみたりすると盛り上がる作品です。

購入はこちら

ゲーム名
ウィッチ トライアル(Witch Trial)
作者
James Ernest  
発売年
2001
メーカー
Cheapass Games(アメリカ)  ニューゲームズオーダー(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

Creativity Battle(クリエイティビティ バトル)

写真に書き加えて最もクリエイティブな作品をつくろう!!

このゲームを詳しく見る
かんたんウェブ予約
RANKING今週の人気記事
NEW新着記事
もっと見る
ボードゲーム通販サイトボードゲーム通販サイト