ボードゲーム紹介
秘密警察の目を欺け!

ヴィクトリアン・マスターマインド

エージェントを送り出し、任務遂行を目指す非公開ワーカープレイスメントゲーム。

プレイヤーはそれぞれ5つの能力を持つエージェントを使って、世界を混乱に導くことが目的です。
手番では手元のエージェントコマをどこかの都市に派遣し、各地で働かせます。どの能力を持つエージェントを派遣したかは他のプレイヤーにはわからず、派遣先がかぶると相手のエージェントの種類によっては自分のエージェントが役に立たなくなってしまうかもしれません。

資源を集め、マシーンを完成させることでより効率よく世界に混乱を招くことができるようになります。
誰かがゲーム終了条件を満たした時、混乱ポイントを多く獲得していたプレイヤーが勝者となります。

偉大な建造物を奪い取り、任務を達成し、科学者たちとダヴィンチ文書の超技術を振るいましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Victorian Masterminds
作者
Antoine Bauza(アントワーヌ・ボウザ)  Eric M. Lang  
発売年
2019
メーカー
CMON(シンガポール)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る