ボードゲーム紹介
チームワークで設計図通りに組み上げろ!

チーム3(グリーン)

「チーム3」は、プレイヤー3人でチームになって、制限時間内に協力して設計図通りに建築物を完成させるゲームです。

ただし、チーム内のプレイヤーそれぞれが特別な役割を持ち、情報伝達の手段が限られています。
1人は話すことができず、1人は見ることができず、もう1人は見た情報を言葉だけで伝えなければなりません。

チーム3人の構成は以下の通りです:

設計士(言わざる) ・・・ 設計図カードを見てジェスチャーだけで(言葉を発せずに)設計図の内容を伝える。
現場監督(聞かざる) ・・・ 設計士のジェスチャーを見て口頭でその内容を指示する。
建築士(見ざる) ・・・ 現場監督の指示を聞いて目を閉じた状態で建築資材を組み上げる。

限られた情報伝達手段の中で、いかに制限時間内に建築物を完成させるか、チームワークが試されるゲームです。

ピンク/グリーン両バージョンとも基本ゲームは箱と内容物の色が異なるだけで同じものになりますが、
『チーム3 グリーン』には拡張ルール「以心伝心」、『チーム3 ピンク』には拡張ルール「次元展開」といった、
各バージョンだけの拡張ルールやチームごとの対戦ルールも含まれています。

また、『チーム3 グリーン』と『チーム3 ピンク』2つのバージョンを合わせてプレイすると、
プレイ人数も12人まで、設計図カードも160種類になります。

購入はこちら

ゲーム名
team3
作者
Alex Cutler  Matt Fantastic  
発売年
2019
メーカー
BRAIN GAMES(ラトビア)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る