ボードゲーム紹介
カードを積んでタワー建築!崩さないように詰めるかな?

キャプテン・リノ

ウノ風のカードゲームにバランスゲームの要素が加わったパーティーゲーム「キャプテン・リノ」。イラストがとてもかわいい、子供から大人まで楽しめるボードゲームです。

2~5人用のゲームで、ひとり5枚ずつ屋根カードが配られます。順番に、壁を作ってから屋根カードを上に重ねていきます。最初に屋根カードが無くなった人が勝ちとなります。

130711rhino-02

ウノのようにスキップカードやリバースカードなど様々な種類のカードがあるのですが、このゲームの一番の醍醐味といえるのが、「キャプテン・リノカード」です。「キャプテン・リノカード」を使うと、次の手番の人はスーパーヒーローのリノをカードの上に乗せなくてはいけません。もちろん、ビルが崩れてしまったら負けとなってしまいます。

130711rhino-03

カードがとても丈夫なため、紙で出来ているにもかかわらず意外と高くまで積み上がり、ハラハラドキドキの展開が盛り上がります。子供から大人まで楽しめる、オススメパーティーゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
Rhino Hero
作者
Steven Strumpf & Scott Frisco(スティーブン・シュテュンフ & スコット・フリスコ)  
発売年
2011
メーカー
HABA / ハバ (ドイツ)  すごろくや  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る