ボードゲーム紹介
何事も、ほどほどが大事ですよね。

SHIKOKU -四国-

進みたいけどあんまり進みたくない…!階段を登るお遍路さんたちの、ちょっともどかしい、レース&ハンドマネジメントゲームです。

徳島県の薬王寺に訪れたお遍路(プレイヤー)さんたち。宝塔まで33段ある階段を1段1段登っていきますが、一番乗りになるのも最後尾になるのも歓迎されません。「中庸(ちゅうよう)」がよいのです。
誰かが宝塔にたどり着いた時、上から数えて2番目と、下から数えて2番目のお遍路さんがゲームに勝利します。(3〜4人プレイの場合は上から数えて2番目のお遍路さんが勝利)

手札をうまく管理して、ほどほどを目指しましょう。
ちなみに、中庸とは「極端な行き方をせず無理がないこと」だそうです。

購入はこちら

作者
Eloi Pujadas  
発売年
2018
メーカー
GDM games  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る