ボードゲーム紹介
王宮のささやきが起こってしまわないように注意!

王宮のささやき

国王からの寵愛をもらえるように、手札からカードを出していく「王宮のささやき」
カードをうまく出せずささやきを起こしてしまうと自分以外のプレイヤーがプラス点となってしまいます。

3人から5人用ゲームで、まず自分のプレイヤーカラーを決めます。自分の手番では、自分の密談場に手札から1枚カードを出していきます。出したカードの色のプレイヤーが次の手番を行います。カードには様々な効果がありますが、同じ絵柄のカードを出してしまうと王宮のささやきを起こしてしまったこととなり、そのプレイヤー以外の人がプラス点となります。また、特殊なカードとして国王カードがあり、勝負は一筋縄ではいきません。

ルールは簡単ですが、なかなか思い通りにはいかないゲームです。

購入はこちら

作者
Michael Rieneck(ミヒャエル・リーネック)  
発売年
2007
メーカー
Adlung Spiele(ドイツ)  cosaic / コザイク(日本)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る