ボードゲーム紹介
正式採用タイトルを目指せ!

横暴編集長

各プレイヤーが編集者となり、上下わかれたタイトルカードを組み合わせて「バカ受けタイトル」を作って会議での正式採用を目指します。

まずプレイヤーは5枚のカードを持ち、それを組み合わせてタイトルを考案します。全員準備が整ったら順番に発表していき、全員が発表を終えたら採用候補を選定します。これを繰り返し、いくつか採用候補が集まったら今度は正式採用タイトル選定にはいります。
いっせいにタイトルを指さし、もっとも多くの票を得たタイトルが正式タイトルとなり、考案者は最優秀編集者となります。もし最多票タイトルが複数あった場合には「横暴編集長」が登場します。じゃんけんで横暴編集長を決め、その人の独断と偏見で正式タイトルを決定します。もちろん自分が考案したタイトルを採用してもかまいません。

購入はこちら

ゲーム名
横暴編集長
作者
ジャンクション  
発売年
2015
メーカー
ジャンクション  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

マフィオズー

動物ギャングの新たな団員となるために、腹心にすりより支援してもらいながら、街への影響力を高める陰謀ゲームです。

このゲームは、4つのフェーズをそれぞれ全プレイヤーが行動し進んでいきます。
収入フェーズでは、お金と賄賂カード、施設ボーナスを受け取れます。
買収フェーズでは、ボードのファミリーに対して賄賂カードを1枚ずつ残り1枚になるまでプレイし、宝石を提示したりお金を払ったり、恩恵を得るための行動を行います。
恩恵フェーズでは、各ファミリーの買収に成功したプレイヤーが恩恵を受けます。
影響力フェーズでは、重要施設から影響点や次ラウンドから使える恐喝ボーナスを獲得するために、好きなだけ手下を派遣します。ここで施設に示された恩恵トークンを支払います。余った恩恵トークンは次のラウンドに持ちこせないため、追加点となる地域トークンに交換します。

4ラウンドプレイした後、残った持ち物を全て地域トークンに交換し、種類のセットに応じて影響力を計算をします。
そして、手下を置いている施設の影響点を加算します。

最も多くの影響力を持っているプレイヤーが勝利となり、ファミリーの新たな団員となれます!
他のプレイヤーを邪魔をしながらうまく恩恵をうけましょう。

このゲームを詳しく見る