ボードゲーム紹介
想像力や発想力が必要となる協力ゲーム!

ミステリウム

ある邸宅で起こった事件を解決するために幽霊と霊媒師たちとが協力して事件解決を目指す「ミステリウム」
戦略よりも、想像力や発想力が必要となるゲームです。

2人から7人用ゲームで、1人が事件の被害者である幽霊となります。幽霊は、事件についての情報を不思議な情景が描かれたカードを使って他のプレイヤーに教えますが、ゲームを通して喋ってはいけません。霊媒師となるプレイヤーは幽霊が教えてくれる情報を元に、事件の犯人、現場、凶器を当てることが目的です。見事時間内に真犯人を当てることができれば、プレイヤー全員の勝利となります。

カードを使った連想ゲームである「ディクシット」の協力&推理版ゲームといえるゲームで、幽霊となるプレイヤーがどういう意図で情報をくれているのか、霊媒師たちはどういう考え方をしてくれるのかをお互いに考える必要です。完成度の高いコンポーネントによって、面白さもアップしています。

購入はこちら

ゲーム名
Mysterium(Tajemnicze Domostwo)
作者
Oleg Sidorenko  Oleksandr Nevskiy  
発売年
2013
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Libellud / リベリュー(フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る