ボードゲーム紹介
色あせないおもしろさ!ボードゲームと言えばモノポリー!?

モノポリー

英語で独占を意味するポードゲーム「モノポリー」。発売から80年以上経つ、人気の色あせない歴史あるボードゲームです。

2人から6人用ゲームで、双六のように2つのサイコロを振って合計の目だけボード上のマスを周回しながらゲームを進めます。止まったマス(土地)は不動産として購入することができ、そこに他のプレイヤーが止まった場合はそのプレイヤーからレンタル料を受け取ります。自分の所有している土地に家を建てたり、ホテルを建てると、受け取ることができるレンタル料をさらに上げることができます。それによって相手にお金が払えなくなった場合は破産となり、ゲームから脱落します。最後まで破産せずに残ったプレイヤーの勝利となります。

このゲームでは、土地やお金を材料にプレイヤー間で交渉することができます。ゲームを有利に進めるためには交渉がとても重要となりますが、サイコロの運にも左右される、運と戦略のバランスのとても良いゲームです。

最後の1人まで行うルールでは1時間半ほどのプレイ時間となりますが、時間を決めて最も所持金の多いプレイヤーが勝利となるルールもあり、大人から子供まで楽しめるゲームとなっています。

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る