ボードゲーム紹介
カメを進めて卵を産みましょう

ウミガメの島

すごろくのようにカメのコマを進めてあそぶ「ウミガメの島」。
ルールは簡単で、サイコロを振るたびに一喜一憂するゲームです。

2〜7人用ゲームで、各プレイヤーは好きな色のコマを1つ取り、イカダの上に乗せてスタートします。
手番プレイヤーは3つあるサイコロを一つづつ振り、サイコロの合計値xサイコロの数分カメを進めることができますが、合計値が8を越えてしまうとアウト。スタート位置まで戻ってしまいます。1周分は21マスなので、サイコロを3つ振って合計が7になれば1回で1周することができます。ゴールのたびに、1枚だけ公開されたポイントカードを引くことができ、カードがなくなるまで続けます。ポイントの合計が最も高いプレイヤーの勝利です。

このゲームの特徴は、同じマスに止まったときに、追いついたカメが上に乗るという点です。上に乗られてしまったプレイヤーは、上に乗ったプレイヤーの指示に従ってサイコロを振らなければなりません。しかも、上に乗られたままゴールしてしまうと、上に乗ったプレイヤーしかカードを引くことができません。公開されたカードのポイントが低いときや、上に乗られているのにポイントが高いときに、ゴールしたくないという状況が出てきます。

サイコロを振るたびにワクワク、ハラハラするゲームですので、盛り上がること間違いナシです。

購入はこちら

作者
Alex Randolph(アレックス・ランドルフ)  
発売年
2014
メーカー
franjos Spieleverlag  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る