ボードゲーム紹介
25年の時を越えて名作ボードゲームが復活!

1号線で行こう!

自分で自分の線路を作り、路面電車を走らせるゲームです。

ゲームは2つのパートで分かれており、初めのパートでは線路をひいていきます。手番では線路タイルを置くか線路タイルの交換を合計2回行うか、またはパスをして手札を引きなおすことができます。行った後、手札が5枚になるまで袋から線路タイルを引き、手番を交代します。線路が完成したら次のパートで線路を使ってすごろくをします。このすごろくパートが始まるとタイルの配置ができなくなります。最終的にスタート駅を出発した電車コマが停留所カードに書かれた停留所を通り、もう片方のスタート駅に着いたらゲーム終了となり、最初にゴールしたプレイヤーの勝利となります。

すごろくパートは遊び方が2つあり、何回でも楽しむことができるゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
LINIE1
作者
Stefan Dorra(ステファン・ドラ)  
発売年
2022
メーカー
リゴレ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る