ボードゲーム紹介
被害者の残したメッセージは…消えかけ!?

消されたメッセージ

一部分が消されたヒントをもとにキャラクターを探す、大人数でも遊べる非対称系ゲームです。

プレイヤーは、犯人1人と被害者1人を決め、そのほかのプレイヤーは捜査員となります。ボードのイラスト上のキャラクターを犯人が秘密裏に被害者に指定し、被害者は捜査員にヒントを出します。出せるヒントはイラストや文字など自由ですが、ヒントを描きこむボードは3×3の9マスに区切られており、犯人は複数マスを消すことができます。見事キャラクターを捜査員が当てることができれば捜査員と被害者の勝利、4ラウンド中に当てられなかったら犯人の勝利です。

ヒントを巧みに消して捜査を混乱させる犯人と、一部を消されたヒントを読み解き事件解決を目指す捜査員陣営との勝負は目が離せません!8人まで遊べるので、大人数で遊ぶのにもピッタリです。

購入はこちら

ゲーム名
Last Message
作者
Juhwa Lee & Giung Kim  
発売年
2021
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  IELLO / イエロ (フランス)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る