ボードゲーム紹介
元の絵はなんだったんだ…!

シャーロックとピカソ

紙とえんぴつを使う、落書き推理ゲームです!

『シャーロックとピカソ』は、探偵、アーティスト、いたずらっ子に分かれて遊ぶ、落書き推理ゲームです。
アーティストはお題カードに合わせてスケッチし、いたずらっ子は元のスケッチに落書きをします。探偵は落書きされる前のスケッチが何だったかを推理します。

はしごは線路を走る機関車に、クリスマスツリーは大きな口を開けたモンスターに変えられたスケッチを見て、他の人たちは元のスケッチを当てることができるでしょうか?

購入はこちら

作者
Sylvain Lasjuilliarias  
発売年
2022
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る