ボードゲーム紹介
元の絵はなんだったんだ…!

シャーロックとピカソ

紙とえんぴつを使う、落書き推理ゲームです!

『シャーロックとピカソ』は、探偵、アーティスト、いたずらっ子に分かれて遊ぶ、落書き推理ゲームです。
アーティストはお題カードに合わせてスケッチし、いたずらっ子は元のスケッチに落書きをします。探偵は落書きされる前のスケッチが何だったかを推理します。

はしごは線路を走る機関車に、クリスマスツリーは大きな口を開けたモンスターに変えられたスケッチを見て、他の人たちは元のスケッチを当てることができるでしょうか?

購入はこちら

作者
Sylvain Lasjuilliarias  
発売年
2022
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る