ボードゲーム紹介
印刷・デザイン業界人は白熱必至?!

いろどりかるた

遊びながら色と印刷について学べる、かるたのゲームです。

読み札には正解の色番号と、その色を構成する印刷色C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)のパーセントが、取り札にはカラフルな50色の色と、色番号が記載されています。おてつきは2回までとし、札を多くとったプレイヤーの勝利となります。

CMYKに馴染みがない人も4色の絵の具を混ぜたらどんな色になるかイメージすることで遊ぶことができます!

ゲーム名
いろどりかるた
発売年
2021
メーカー
niko plus  株式会社日光プロセス  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ディセプション – 香港殺人事件

誰が犯人なのか、そしてその凶器と手がかりを探し出すパーティー寄りの正体隠匿ゲームです。

捜査官たちの中に紛れ込んだ殺人犯が誰かを突き止め、さらに事件の凶器と手がかりを当てることができれば捜査官チームの勝ちとなります。
犯人役のプレイヤーは、自分が殺人犯だとバレないよう、うまく議論を誘導し、ミスリードを誘いましょう。
プレイ人数が多い場合、犯人に協力する共犯者や、誰が犯人と共犯者かを知っている目撃者といった役割が追加され、さらにゲームが白熱します。
人狼ゲームのような会話による心理戦がとても盛り上がります!

このゲームを詳しく見る