ボードゲーム紹介
印刷・デザイン業界人は白熱必至?!

いろどりかるた

遊びながら色と印刷について学べる、かるたのゲームです。

読み札には正解の色番号と、その色を構成する印刷色C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)のパーセントが、取り札にはカラフルな50色の色と、色番号が記載されています。おてつきは2回までとし、札を多くとったプレイヤーの勝利となります。

CMYKに馴染みがない人も4色の絵の具を混ぜたらどんな色になるかイメージすることで遊ぶことができます!

ゲーム名
いろどりかるた
発売年
2021
メーカー
niko plus  株式会社日光プロセス  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る