ボードゲーム紹介
ぼんくら商人たちの骨董市!?うまく骨董品を集めてより多くの儲けを目指そう!

はんか通骨董市

ぼんくら商人たちによる骨董市ゲーム「はんか通骨董市」
価値がある骨董品ですが、集めすぎてしまうと価値が激減してしまいます。

3人から6人用ゲームで、プレイヤーは商人としてより多くの儲けを出すことを目指します。ラウンドごとに取引するカードが公開され、それを「仕切り」となるプレイヤーが好きな場所で2つに分けます。各プレイヤーはどちらのグループが欲しいかを選びます。選んだグループを同時に公開し、選んだグループが1人だけであれば、そのグループのカードをすべて受け取ることができます。残ったグループは同じように2つに分け、どちらが欲しいかを繰り返します。

プレイ人数ごとに決まったラウンドを繰り返したらゲーム終了です。点数計算をして、最も多くの勝利点を得たプレイヤーの勝利となります。骨董品ごとに上限の枚数が決まっており、その上限を超えて集めてしまうとその骨董品は全てマイナス点となってしまいます。骨董品をうまく集めたり、アクションカードを使って骨董品を捨てたりして、より多くの儲けを目指しましょう。

作者
林尚志  
発売年
2015
メーカー
OKAZU brand / オカズブランド(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る