ボードゲーム紹介
単語をヒントにコードネームを当てろ!ダブル、トリプルミーニングを狙え!

コードネーム

ドイツ年間ゲーム大賞ドイツ年間ゲーム大賞2016大賞

2つのチームに別れて戦う「コードネーム」
単語をヒントに、各チームのエージェントに名付けられたコードネームを当てていきます。

2人から8人用ゲームですが、4人以上推奨です。各チームの目的は、顔のわからないエージェント全員とコンタクトを取ることです。各チームのリーダーは誰が自分のチームのエージェントを知っていますが、他のプレイヤー達はエージェント達のコードネームしかわからないため、リーダーはエージェントのコードネームのヒントを出し、他のプレイヤーに当ててもらいます。

ヒントの出し方は「単語」と「枚数」です。たとえば、「ナッツ」と「樹皮」というコードネームを当ててもらうために「木、2枚」と言ったようにヒントを出します。ただし、リーダーとチームメンバーとの考え方の違いがあったり、リーダーが他のワードを見落としていたりして、正解してもらうためには一筋縄ではいきません。1つの単語で複数のコードネームを意味できるヒントを閃いた時や、リーダーの考えを読み取ってしっかり当てることができた時の達成感がとてもおおきく、盛り上がるゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Codenames
作者
Vlaada Chvátil(ヴラーダ・フヴァチル)  
発売年
2015
メーカー
Czech Games Edition(チェコ)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る