ボードゲーム紹介
あなたも街造りに参加しませんか?

マイルストーン

16世紀から現代までのワルシャワの街をつくり上げろ!

6つの時代を通してワルシャワを繁栄させるべく カラフルなタイルを選び、配置をしていきます。
ワルシャワ由来の建造物タイルを建てていると、遊んだだけで「ワルシャワ博士」になれるかも!?

プレイヤーの手番では、建設フェイズと収入フェイズの2つのフェイズを行います。建設フェイズでは、時代タイルをドラフトしていき、タイルを建てるもしくは、売ってお金にすることができます。タイルを建てた時に、タイルに描かれているエリアを合わせていくと貰える得点が増えます。収入フェイズでは、タイルに描かれたエリア同士の組み合わせによって得点やお金をもらうことができます。終盤につれて街が繁栄していくので得られる得点やポイントも増えていきます。これを繰り返し、6つ目の時代の収入フェイズが終わったらゲームは終了です。最終的に一番街を繁栄させ、最も得点を獲得したプレイヤーが勝利となります。

購入はこちら

ゲーム名
Warsaw: City of Ruins
作者
Filip Miłuński  
発売年
2016
メーカー
GRANNA  Hemz Universal Games / ヘムズユニバーサルゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る