ボードゲーム紹介
手探りで宝石を探すドキドキゲーム!

カステリーナのたからもの

穴に手を入れ、手探りで自分の色の宝石を探すパーティーゲーム!

王室の子供たちは、サファイア、エメラルド、ルビー、トパーズといった宝石を人里離れたお城に持ち去りました。彼らは、優れた者がすべてをひとりじめするべきだと考え、勝負をすることにしました。
プレイヤーは王室の子供となり、お城の入り口から手を伸ばし中にある宝石を見ないで取り出します。ただし間違えて違うプレイヤーの色のコマを取り出してしまうとそのプレイヤーにそのコマを渡さなければなりません。
お城のどこに宝石があるかしっかり覚え、手探りで自分のコマを探す記憶と指先だけが頼りとなる大変アクティブなゲームです。

作者
Carlo A. Rossi  
発売年
2013
メーカー
DEAR SPIEL / ディアシュピール(日本)  moses(ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る