ボードゲーム紹介
古代生物の大きさや重さを当てるクイズゲームです

カードライン「恐竜編」

遊べる店舗

人気クイズゲーム「カードライン」の恐竜編!!生き物の大きさや重さを予想し、順番になるように並べるクイズ系カードゲームです。

100枚以上の恐竜や古代生物が描かれたカードが入っており、カードの裏面にはその生き物の体長や体重が書かれています。
ひとり4枚ずつカードを配り、山札の一番上のカードを場の中央に裏返して置きます。体長と体重、どちらで遊ぶか決めてゲームスタートです。
自分のカードを1枚選び場に出して行きます。選んだカードが場のカードより大きいと思えばそのカードの右側、小さいと思えば左側に置きます。裏返して答え合わせをし、当たっていれば手札が1枚減り、外れていれば1枚手札に加えなければいけません。
最初に手札を無くしたプレイヤーの勝利です!

古代の生き物にちょっとだけ詳しくなれるかもしれません。
カードライン「動物編」と組み合わせて遊ぶこともできますよ!

購入はこちら

作者
Frederic Henry(フレデリック・ヘンリー)  
発売年
2015
メーカー
Bombyx (フランス)  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

コロレット

カードを集めるとポイントになる。しかし、同じ色のカードを集められる種類は3種類。それ以上色のカード集めてしまうと、マイナス点になってしまう、ジレンマゲームです。

プレーヤーは、テーブル中央に人数分の列カードを置き、各プレーヤーは1種類のカラーカードを1枚とります。ゲーム手順は、2つのアクションのうち、どちらか1つを行わなくてはいけません。

1.カードをめくって、列カード、カラーカードの隣に置く(最大3枚)
2.列からカラーカードをとって、抜ける。

集めたカラーカードは、自分の手前に、色別に分けて並べる。の二つのアクションです。カラーカードは同じ色を集めれば集めるほど得点は高くなりますが、同じ色のカラーカードは3種類しか得点になりません。カラーカードは、集めた色の枚数が多い順から3種類プラスポイントとなり、他のカードはすべてマイナスポイントになってしまいます。
ポイントの確認は各プレーヤーに配られる、得点チャートを確認の上計算し、得点の高いプレーヤーが勝者となります。

カードを多く集めなくてはならない、しかし多くの色を集めてしまうと、マイナス点が大きくなり得点が高くならないというジレンマゲーム。
プレーヤー同士との駆け引き、運が試されるシンプルで気軽に楽しめるカードゲームです。

このゲームを詳しく見る