ボードゲーム紹介
ウエスタンの荒野で暴れまわる無法者を捕まえろ!

ワイアットアープ

遊べる店舗

実在した7人の伝説の賞金首を捕まえて、賞金を稼ぐゲームです。

プレイヤーには最初に10枚ずつカードが配られます。自分の手番に手札に配られたカードで、賞金首の顔が書かれているカードが3枚以上あれば、自分の場に出すことが出来ます。出した枚数に応じて、賞金首にかけられた金額が上がっていきます。カードには賞金首の金額を吊りあげるカードや、賞金首を隠してしまい賞金自体をもらえなくしてしまうカードなどもあります。誰かひとりの手札が無くなったプレイヤーが出ると、ラウンドが終了します。その時の賞金首にかけられた金額を配分していきます。数ラウンド行い、早く25,000$を稼いだプレイヤーが勝利します。

トランプゲームの「ラミー」のシステムを使っています。早く手札を無くすことが目的ですが、賞金があまりない状態で終わってしまうと、他人に有利になってしまうことがあります。手札の使い方に一喜一憂出来るゲームです。

ゲーム名
Wyatt Earp
作者
Mike Fitzgerald  Richard Borg  
発売年
2001
メーカー
alea  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る