ボードゲーム紹介
真実のために闘え!

ウォーターゲート

遊べる店舗

1970年に実際にあった「ウォーターゲート事件」がテーマのゲームです。

このゲームは準備・カード・評価のフェーズで構成されており、プレイヤーは1人が新聞の編集者、1人がニクソン政権を体現します。勝利のために大統領側は任期満了まで十分な勢力を得なければならず、一方で編集者側は十分な証拠を集め、情報提供者を大統領を直接結び付ける必要があります。ゲームはニクソン側が自分の勢力カードに5個目の勢力トークンを置くか、証拠ボード上で2人の情報提供者をニクソンにつないだ時に即座に終了となります。

実際の事件を知らなくても楽しめる、非対称性の2人ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
WATERGATE
作者
Matthias Cramer  
発売年
2019
メーカー
Frosted Games  数寄ゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る