ボードゲーム紹介
真実のために闘え!

ウォーターゲート

遊べる店舗

1970年に実際にあった「ウォーターゲート事件」がテーマのゲームです。

このゲームは準備・カード・評価のフェーズで構成されており、プレイヤーは1人が新聞の編集者、1人がニクソン政権を体現します。勝利のために大統領側は任期満了まで十分な勢力を得なければならず、一方で編集者側は十分な証拠を集め、情報提供者を大統領を直接結び付ける必要があります。ゲームはニクソン側が自分の勢力カードに5個目の勢力トークンを置くか、証拠ボード上で2人の情報提供者をニクソンにつないだ時に即座に終了となります。

実際の事件を知らなくても楽しめる、非対称性の2人ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
WATERGATE
作者
Matthias Cramer  
発売年
2019
メーカー
Frosted Games  数奇ゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る