ボードゲーム紹介
真実のために闘え!

ウォーターゲート

遊べる店舗

1970年に実際にあった「ウォーターゲート事件」がテーマのゲームです。

このゲームは準備・カード・評価のフェーズで構成されており、プレイヤーは1人が新聞の編集者、1人がニクソン政権を体現します。勝利のために大統領側は任期満了まで十分な勢力を得なければならず、一方で編集者側は十分な証拠を集め、情報提供者を大統領を直接結び付ける必要があります。ゲームはニクソン側が自分の勢力カードに5個目の勢力トークンを置くか、証拠ボード上で2人の情報提供者をニクソンにつないだ時に即座に終了となります。

実際の事件を知らなくても楽しめる、非対称性の2人ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
WATERGATE
作者
Matthias Cramer  
発売年
2019
メーカー
Frosted Games  数奇ゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る