ボードゲーム紹介
「怪獣」 対 「人間」

ボルカルス

東京を壊滅させる「怪獣プレイヤー」と、東京を守る「人間チーム」にわかれて戦う1対多数のボードゲームです。

ゲームは全部で6ラウンド。
怪獣プレイヤーは都市を破壊したり市民を死亡させることで被害トラックを埋めることを目指し、人間チームは市民を避難させたり怪獣に攻撃することで防衛トラックを埋めることを目指します。

ラウンドでは、イベントフェイズ、計画フェイズ、実行フェイズ、溶岩フェイズ、拠点フェイズの順番で処理します。
重要なのは計画フェイズで、人間チームはチーム内で相談しながら2分の制限時間内にアクションカードを計画ボードに伏せます。その後、怪獣プレイヤーは人間チームから聞こえてきた相談内容を考慮しながらアクションカードを計画ボードに伏せます。
その後の実行フェイズでカードは順番に表向きになり、効果を発動させていきます。

これを繰り返し、先に勝利条件を満たす、もしくは6ラウンドが終了した時にトラックの空きマスが少なかったチームが勝利します。

購入はこちら

ゲーム名
Vulcanus
作者
上杉真人  
発売年
2019
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る