ボードゲーム紹介
ダイスとカードで出目を操れ!

王への請願

ダイスとカードを使って戦う「王への請願」。
ダイスを使いますが運のみのゲームではありません。

2から5人用ゲームで、プレイヤーは初めに3つのダイスを振ることができます。
プレイヤーはカードの効果を使ってダイスの目をコントロールしたり、ダイスを増やしながら戦います。プレイヤーはダイスの目の組み合わせによって、場にあるカードを得ることができます。カードを得るためのコストは「2つのゾロ目」や「全て偶数」のような簡単なものから、「2つのゾロ目が3組」や「合計値が30以上」といった難しいものまであり、それぞれにダイスの目をコントロールする効果が付いています。誰かが「7つのゾロ目」がコストとなる「国王」を得たときがゲーム終了の合図です。最終ラウンドでは、プレイヤーは持っているカードの効果を活用してより多くのゾロ目を作ります。ここで一番多く、かつ大きな目でゾロ目を作ったプレイヤーの勝利です。

運だけに左右されるゲームではなく、カードの効果を活用して、うまくコンボを狙うことが必要です。

購入はこちら

作者
Tom Lehmann  
発売年
2006
メーカー
cosaic / コザイク(日本)  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る