ボードゲーム紹介
脳がとろける超理系カルタ!第三弾!

トポロメモリー3

遊べる店舗

超人気トポロジーかるた「トポロメモリー」の第3弾です。
カードは全て新しいイラストになり、通常のトポロメモリーと組み合わせても遊べます!
全シリーズをすべて混ぜると160枚ものカードセットになり、混乱を極めるプレイになること間違いなしです。

トポロメモリー は、数学の一種である「トポロジー」という考え方を利用して遊ぶカードゲームです。

トポロジーとはざっくり言うと、ある図形を、構成するパーツの数と、図形の中にある穴の数で区別するという学問です。上の画像では、コーヒーカップは1パーツで構成されていて、穴が1つ。ドーナツも1パーツで穴が1つなので、同じ図形ということになります。

ゲームの流れは、自分の手番が来たら山札からカードを1枚引き、表にして場に並べていきます。
トポロジー的に同じ組み合わせの図形が見つけた人はカードのセットを取ります。既に場に並べられているカードの中に、実はセットがあった場合、気付いた人はいつ取っても構いません。

これを繰り返して、一番多くのカードを取った人が勝者です。

カードには厳選したトポロジー的に紛らわしい文字や図形、記号をデザインしていて、組み合わせも一組ではありません。そして一度目のプレイが終わるころには、誰もが図形を見る目が変わり、トポロジーを感覚的に理解することができます。

シンプルなルールで、大人も子供も、みんな夢中になれるゲームです。

ゲーム名
TOPOLOMEMORY3
作者
ミヤザキユウ  
発売年
2019
メーカー
株式会社バンソウ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る