ボードゲーム紹介
サイコロを使わないすごろく!? お土産や景観を集めよう

東海道(TOKAIDO)

京都から江戸まで、様々なものを集めながら旅をしていくボードゲームです。

プレイヤーは手番が来たらコマを好きなマスまで進ませることができ、止まったマスに応じて様々な利益を得られます。
ただし、手番はコマが最後尾にある人に回ってくるので、コマを進ませすぎると中々自分の番が回ってこないこととなります。

お土産や料理、景観、温泉カードなどを集めることで、枚数や種類数に応じて得点になります。
また、出会いマスで人物カードをめくったり、神社にお金を寄付したりすることでも様々な恩恵を得ることができます。

状況に応じたペースであちこちに立ち寄りながら旅を楽しみましょう!
和の雰囲気を感じられる彩り豊かなゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
TOKAIDO
作者
Antoine Bauza(アントワーヌ・ボウザ)  
発売年
2012
メーカー
Funforge  Hobby Japan / ホビージャパン  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る