4月27日(土)〜5月6日(月)のGW期間はハイシーズン料金となります。詳しくはこちらをご覧ください。
ボードゲーム紹介
神を称え、都市を発展させよう

テケン:太陽のオベリスク

遊べる店舗

古代エジプトの貴族となり、アメン・ラーの神殿とやがてイペト=イスゥトとなる地域を建設していくゲームです。

ゲームは全16ラウンドからなり、各ラウンドごとにプレイヤーは手番順トラック上に示されている順番で1手番ずつプレイします。自分のターンに行うことは26個あるダイスから1個をピックし、6柱の神様のいずれかのアクションを選んで実行することです。2ラウンドごとに、偉大なるオベリスクの影が1回回転します。回転2回ごとに、プレイヤーの行いを正義の羽根と比べて評価し、それに応じて褒美か罰を与えるマアトフェイズが発生します。マアトフェイズが2回ごとに、得点計算が1回発生します。同じ流れをもう一度行い、2回の得点計算が完了するとゲームは終了し、個別の布告の得点計算を行います。最終的に最も多くの勝利点を獲得したプレイヤーが勝利となります。

共作で「ツォルキン」、「マルコポーロの旅路」などを世に送り出したダニエレ・タシーニと、「アナクロニー」のデヴィット・タージが送る、様々な要素が綿密に組み合わされた戦略ゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Tekhenu: Obelisk of the Sun
作者
Daniele Tascini(ダニエレ・タッシーニ)  Dávid Turczi  
発売年
2020
メーカー
CMON(シンガポール)  テンデイズゲームズ(日本)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ミュージアムサスペクツ

博物館に残された手がかりを頼りに16人の容疑者の中から犯人を見つけ出す推理ゲームです。

16人の容疑者の中から、犯人または犯行グループを見つけ出しましょう。
自分の手番では、手がかりカードをめくってヒントを確認します。
その後、手元の調査チップから1枚選び、最も疑わしい犯人の上に置きます。
6ラウンドくり返したらゲーム終了となります。
正しい犯人タイルの上にチップを置けていたらチップの値が得点となります。
最も得点の高い人が勝利です!

他の人が置いたチップから犯人を予想したり、他の人を誘導したりと、手軽に推理が楽しめるゲームです。

このゲームを詳しく見る