ボードゲーム紹介
ムガル朝インドにおける権力と支配のゲーム

タージマハル

12の州を訪問している間に、帝国宮廷のメンバーに気に入られろ!マジョリティ&ハンドマネジメント系ボードゲームです。

タージマハルは、宮廷のメンバーに影響力を与え、ボーナスをもらい、得点を稼ぐことが目的です。
プレイヤーは自分のターンに影響力カードを出し、そこに描かれている宮廷メンバーに影響力を与える、もしくはこの州から引き揚げる(ラウンドから抜ける)どちらかをしていきます。引き揚げる時に各宮廷メンバーに自分が一番影響力を与えていたのであるならば、その宮廷メンバーのボーナスが与えられます。ボーナスによって、商品を得たり。宮殿を建てることによって得点を得ます。12ラウンド終了時に一番得点を稼いでいるプレイヤーが勝利となります!

購入はこちら

ゲーム名
Taj Mahal
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2000
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  Z-Man Games(カナダ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る