ボードゲーム紹介
あの「たぎる論理」の続編!

たぎる表裏

遊べる店舗

論理ゲーム「たぎる論理」の続編「たぎる表裏」の登場です!

3人専用のゲームで、プレイヤーは1枚の手持ちカードを持ち合い、相手に質問をしていきます。カードには表と裏に違う数字が書かれており、プレイヤーは自分が見えないところを全て当てることができれば勝利となります。
プレイヤーから見えないところは、自分のカードの裏・相手のカードの表が2つの計3つとなります。質問カードには基本質問カードと応用質問カードの計9枚あり、基本質問カードには全員が答え、応用質問カードは指定されたプレイヤーだけが答えます。一度使われた質問カードは全ての質問カードが使われるまで使うことができなくなります。
全ての回答がわかったら自分の番で質問する代わりに、回答を行います。間違っていた場合、誰かが回答に失敗するまで再び回答することはできません。
質問を繰り返して全ての表裏を当てることのできたプレイヤーの勝利です。

ゲーム名
たぎる表裏
作者
倉橋良平(ブッコ)  
発売年
2015
メーカー
ブッコ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る