ボードゲーム紹介
イングランドの鉄道網を支配せよ

スティーブンスン・ロケット

各鉄道会社に影響力を持つ投資家となり、大きな利益をあげることを目指すゲームです。

プレイヤーは自分の手番で、7つの鉄道会社に対して2つの行動ができます。大都市マスに置かれた輸送マーカーを取る(機関車が大都市の隣に到着する度にポンドを得る)、駅舎コマを配置または移動する(結ばれた路線上にコマが置かれていると、路線に隣接する都市ごとにポンドを得る)、鉄道の線路を伸ばして該当の株カードを得る(機関車を移動させる進路を決めるが、該当の株主が異議を申し立てた場合は競りがはじまる)の3つから選びます。1つの会社の株しか手に入らない状況、または線路タイルがすべてボード上に置かれている状況になるとゲーム終了です。得点処理を行い、最も多くの金額を獲得したプレイヤーの勝利です。

機関車コマが他の鉄道会社の路線に接するマスに移動すると、両方の鉄道会社で合併・買収が発生します。うまく株を集めて、鉄道王として君臨しましょう!

購入はこちら

ゲーム名
Stephenson's Rocket
作者
Reiner Knizia(ライナー・クニツィア)  
発売年
2019
メーカー
999 Games  グループSNE  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る