ボードゲーム紹介
クモの兄弟を動かしてゆらゆらクレーンゲームみたいで楽しい!

スピンデレラ

ドイツ年間キッズゲーム大賞2015年 ドイツ年間キッズゲーム大賞 受賞作品

自分の色のアリを3匹ゴールさせれば勝ちという「スピンデレラ」。2015年のドイツ年間キッズゲーム大賞を受賞した作品です。

2人から4人用ゲームで、プレイヤーは自分の色のアリを3匹ゴールさせるために、サイコロを振って出た目にしたがってアリのコマを進めていきます。また、クモの目が出た場合は上にいるクモの兄弟を動かすことになります。
クモの兄弟には紐がついていてクレーンゲームのようになっており、クモを動かした結果もし他のプレイヤーのアリを捕まえることができたら、何と捕まってしまったアリは振り出しに戻らなければいけないのです。

他にも、アリをクモから守ることができる代わりに一歩も動けなくなってしまう「切り株」があり、これを使って自分を守ったり、もしくは逆に相手のアリの上に乗せることで足止めをすることもできたりなど、妨害要素や逆転要素が様々あり、最後まで気の抜けないゲーム展開が楽しめます。すごろくのようなゲームですが、普通のすごろくとはひと味もふた味も違います。

お子様はもちろん、大人も童心にかえって楽しむことが出来る楽しいゲームです。

購入はこちら

ゲーム名
Spinderella
作者
Roberto Fraga(ロベルト・フラガ)  
発売年
2015
メーカー
Zoch / ツォッホ (ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る