ボードゲーム紹介
太陽と月のタンゴ列を完成させて得点ゲット!

スカイタンゴ

遊べる店舗

日の出と月の出が描かれたカードを出していく「スカイタンゴ」。
シンプルなルールながら、カードの引きによって一喜一憂するゲームです。

2から4人用ゲームで、4人プレイの場合はペア戦となります。各プレイヤーはカードを5枚ずつ配られ、手札とします。
カードには1から29の数字が書かれており、それぞれに日のカードと月のカードがあります。また、ジョーカーの役割を持ち、妨害や防御に使うことのできる日蝕と月蝕カードが5枚ずつあります。自分の手番では手札からカードを自分か他のプレイヤーの前に出すことができます。カードを出すにはルールがあり、日と月のカードはそれぞれ、番号が昇順か降順で並ぶようにしか置くことができません。また、このゲームにはパスが存在しないたいめ、出せる場合はどこかにカードを出さなければなりません。出せない場合はペナルティとなります。日か月のカードが5枚以上並んだ時、自分の手番でそれを獲得することで得点となります。手札がなくなるたびに山札から5枚引き、山札がなくなった所から1周をしたらゲーム終了となります。

完成した列は自分の手番でしか獲得できないため、せっかく完成した列も相手に妨害されてしまったり、パスができないルールによって相手の列を完成させてしまったりと、楽しく一喜一憂することができるゲームです。

タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ドクターエウレカ

劇薬の詰まった試験管を動かして遊ぶ「ドクターエウレカ」。テクニックと判断力が必要なスピード系ゲームです。

2人から4人用のゲームで、それぞれカラフルな玉の入った試験管を3つ持ち、お題のイラスト通りの組み合わせを作ります。ただし、玉は劇薬のため、絶対に触ってはいけませんし、試験管からこぼしてもいけません。誰よりも早く完成させたプレイヤーは「エウレカ!」と叫び、全員で正しくできているか確認し、あっていればカードを得点として獲得します。誰かが5枚カードを集めたらそのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

玉は試験管から出してはいけないので、他の試験管に移し替える必要があります。また、誰よりも早く完成させるためにスピードも求められますが、1個だけ移し替えたいのに2個や3個も一緒に移してしまうなど、テクニックも重要です。

ルールは簡単ながら非常に盛り上がるゲームとなっています。

このゲームを詳しく見る