ボードゲーム紹介
味方にサインを送る?それともフェイクサインで相手を翻弄する?

サイン

サインを使って味方と連携しながら、手札に同じマークのカードを集めよう!でも、相手がサインを見破らない様にフェイクも混ぜて!心理戦要素を含んだチーム戦カードゲームです!

このゲームは、16種類の独特なマークのカードがそれぞれ5色ずつ、計80枚のカードで構成されています。その中でプレイヤーは自分の手札である5枚を全て同じマークに揃えることを目指します。
まず、テーブルにプレイヤーの人数によって決められた枚数のカードを置きます。各プレイヤーは開始と共に一斉にテーブル上のカードと自分の手札のカードを一枚ずつ交換することができます。全員が交換しなくなったらテーブル上のカードを山札にあるカードと入れ替えます。これらを1ラウンドとして、繰り返していきます。ラウンドの最中、プレイヤーは他のプレイヤーを「サイン!」とコールすることができます。このとき、コールされたプレイヤーの手札を確認し、手札に同じマークのカードが5枚揃っていればコール成功となり、コールしたプレイヤーのチームに得点が入ります。手札に同じマークの5枚のカードが揃っていなかった場合、コール失敗となります。このとき、コールしたプレイヤーとコールされたプレイヤーが味方同士であれば、そのチーム以外のチームに得点が入ります。敵同士であれば、コールされたプレイヤーのチームに得点が入ります。
これらを繰り返し、あらかじめ決めておいたラウンド数を終えるか、あらかじめ決めておいた得点数に達したチームが現れたらゲーム終了となり、1番得点の高いチームの勝利となります。

このゲームは、手札を揃えることではなく、コールをすることで得点が入るゲームなので、誰の手札に5枚揃っているかを見極めることが重要になってきます。また、自分が手札を揃えた場合は、相手チームに揃ったことを気付かれない様に、味方に揃ったことを伝えなければなりません。

バレない様にサインを考え、相手を翻弄したときは快感です!そして、相手がカードを揃えたことにいち早く気づき、コールできたときはもっと気持ちいいです!!また、チーム戦なのでこれから仲良くしたい人と遊ぶのもアリかも...?ぜひ1度遊んでみてください!

購入はこちら

ゲーム名
SIGN
作者
Jesse van den Berg  Rens Kattenberg  Salko Joost Kattenberg  
発売年
2017
メーカー
The Mountain Men  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る