ボードゲーム紹介
地獄とは他人のことだ

七つの大罪

遊べる店舗

手札をできるだけ早く空にすることを目指すカードゲームです。

このゲームには、七つの大罪の「1:傲慢」「2:強欲」「3:色欲」「4:暴食」「5:怠惰」「6:憤怒」「7:嫉妬」といった、それぞれ数字と効果の違うカードが登場します。初期手札は6枚で、毎ターン人の同じスート、同じ数、連番といった条件の、できるだけ多くのカードをプレイしていきます。プレイされたカードの内容によって、人の邪魔をすることができます。手札を空にすることに成功したら再び初期手札を引きますが、初期手札の枚数はだんだん減っていきます。手札のカードを3回空にしたプレイヤーの勝利です!

あがってしまいそうなプレイヤーの邪魔をするのも気持ちがいいですが、「傲慢」になりすぎないように楽しみましょう。

ゲーム名
seven deadly sins
作者
Paul Saxberg  
発売年
2021
メーカー
Hobby Japan / ホビージャパン  IELLO / イエロ (フランス)  Smirk & Dagger Games  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

ライナー・クニツィアのキングダム

領地を奪い合い、誰よりも豊かな土地に自分の城を建てることで、多くの税金を集めることを目指します。プレイヤーは城とタイルを配置し、収入を得ることを目指します。しかし他プレイヤーからの妨害で、徴税が出来なくなる可能性があります。規定ステージ終了時点で、一番お金を稼いだプレイヤー勝利します。

ライナー・クニツィアが手掛けたタイル配置ゲームです。クニツィアお得意のジレンマもあり、短時間で遊べるゲームになっています。

このゲームを詳しく見る