ボードゲーム紹介
タイルがはめられない! そんな時のセカンドチャンス。

セカンド・チャンス

遊べる店舗

紙とペンを用いて行う、パズルゲームです。

めくられた2枚のカードのうち、どちらか好きなタイルを自分の紙に書き込みます。
一度書いてしまったタイルを書き直すことはできません。
今後来るタイルを予想し、綺麗に自分の紙を埋めていきましょう。

どうしても書けない時は、自分だけの「セカンドチャンス」としてカードを改めて引くことができます。

しかしその「セカンドチャンス」すら無駄にしてしまうとゲームから脱落。

最終的に自分の紙に空いているマスが少ないプレイヤーが勝利になります。

作者
Uwe Rosenberg(ウヴェ・ローゼンベルク)  
発売年
2019
メーカー
Pegasus Spiele / ペガサスシュピール (ドイツ)  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る