ボードゲーム紹介
世界中で数々の賞を受賞した傑作ゲーム!

サイズ – 大鎌戦役 –

プレイヤーは1920年代のもう一つの世界で、東ヨーロッパの5つある派閥の代表となり、探検、拡大、開発、そして破壊を通して、富と名声を得ることを目指す重量級ゲームです。

1920年代の欧州、かの大戦では「ファクトリー」と呼ばれる大都市国家が送り込んだ重装甲兵器《メック》が戦場を支配した。しかし「ファクトリー」はその門戸を閉ざし、近隣国家に注視されていた。狭くはあるが世界が渇望するその国へとプレイヤーの操る5カ国のキャラクターは向かう。

プレイ時間は115分と重量級ながら、自分の手番に行うアクションはシンプルです。移動、軍備、交易、生産の4つの必須アクションがあり、必須アクションそれぞれに任意アクションが割り当てられています。任意アクションには改善(移動)、配備(軍備)、建設(交易)、徴兵(生産)の4つがあります。自分の手番では4種類の必須アクションの中から1つのアクションを行うことができ、それに割り当てられた任意アクションを行うこともできます。
これらのアクションを繰り返し、プレイヤーのいずれかが10種類ある目標のうち、6種類の目標を達成した時点でゲーム終了となり、得点計算をしてもっとも得点の高いプレイヤーの勝利となります。

軍事力を拡大し敵国と戦争するか、移動や生産を行ってお金を稼ぐか、領地を増やすか、民心力を増やすか、勝ち方はプレイヤーによって様々です。あなたならこの世界をどう生き抜きますか?

購入はこちら

作者
Jamey Stegmaier  
発売年
2016
メーカー
ArclightGames / アークライトゲームズ(日本)  STONE MAIER GAMES  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

キングドミノ

プレイヤー人数に応じたドミノをめくり、スタートプレイヤーから順番に欲しいドミノの上に自分のコマをおきます。全員が選び終えたら、もう一度人数に応じたドミノをめくり、コマが上に配置されている人から次に配置したいドミノを選び、その上にコマを移動させます。
この時に、もともと自分のコマが乗っていたドミノを自分の王国に配置していきます。

ドミノはすでに配置されているタイルと、少なくとも1つの絵が繋がるようにしか配置できません。また、王国は5×5マスの範囲内で作らなければなりません。このルールに沿ってドミノが配置できない場合、ゲーム終了までドミノの配置ができなくなってしまいます。

欲しいタイルを狙うのか、その次の手番を狙いにいくのかが悩ましく、ゲーム終了時には写真に撮りたくなるような王国ができているため、もう一回!となること間違いなしのおすすめゲームです。

このゲームを詳しく見る