ボードゲーム紹介
1つの質問が鍵になる

セーフブレイカー

相手の持っている要塞コマに隠された数字と色を当てて最後まで生き残ることを目指す推理&記憶のボードゲームです。

プレイヤーはそれぞれ伏せてある1から6の数字の書かれた要塞コマと6色のうち1色が描かれた要塞コマを1つずつとっていきます。自分の手番になったら時計回りで誰かが「はい」と答えるまで色と数字を質問していきます。このとき質問に答える側のプレイヤーは色、数字の片方かもしくは両方が一致していれば「はい」と答えます。また「はい」と答えたプレイヤーが次の手番プレイヤーになります。手番時に質問をする代わりに誰かの要塞コマの数字と色を当てることもできます。このとき答えが合っていれば当てられたプレイヤーはゲームから脱落します。答えを外してしまった場合は手番プレイヤーが脱落します。この手順を繰り返して最後まで残ることができたプレイヤーが勝利プレイヤーとなります。

少ないスペースでも遊ぶことができるためあらゆる場所でゲームをプレイすることができます。

購入はこちら

作者
Dave Cousins  
発売年
2014
メーカー
JELLY JELLY GAMES / ジェリージェリーゲームズ(日本)  Smart Zone Games  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る