ボードゲーム紹介
動き出すカラス城。魔法使い達の旅は続く。

さまよえる塔

遊べる店舗

カードとサイコロを使った、すごろくタイプのボードゲームです。

ボードの上を動くのは魔法使いコマだけでなく、タイトル通り『塔』もさまよい動き回ります。
塔は重なり合って高くなったり、魔法使いを乗せたまま動いたり、時には魔法使いコマをおおい隠し閉じ込めてしまいます。
見事ライバルの魔法使いを塔に閉じ込めれば、魔法の薬でいっぱいになったフラスコを手に入れられます。
もちろんあなたも閉じ込められるかもしれません。
塔を動かせば脱出できますが、どの塔の何階に閉じ込められたのかちゃんと覚えておきましょう。

ゲーム名
Die Wandelnden Türme
作者
Michael Kiesling(ミヒャエル・キースリング)  Wolfgang Kramer(ヴォルフガング・クラマー)  
発売年
2022
メーカー
ABACUSSPIELE/ アバカスシュピール(ドイツ)  メビウスゲームズ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

コロレット

カードを集めるとポイントになる。しかし、同じ色のカードを集められる種類は3種類。それ以上色のカード集めてしまうと、マイナス点になってしまう、ジレンマゲームです。

プレーヤーは、テーブル中央に人数分の列カードを置き、各プレーヤーは1種類のカラーカードを1枚とります。ゲーム手順は、2つのアクションのうち、どちらか1つを行わなくてはいけません。

1.カードをめくって、列カード、カラーカードの隣に置く(最大3枚)
2.列からカラーカードをとって、抜ける。

集めたカラーカードは、自分の手前に、色別に分けて並べる。の二つのアクションです。カラーカードは同じ色を集めれば集めるほど得点は高くなりますが、同じ色のカラーカードは3種類しか得点になりません。カラーカードは、集めた色の枚数が多い順から3種類プラスポイントとなり、他のカードはすべてマイナスポイントになってしまいます。
ポイントの確認は各プレーヤーに配られる、得点チャートを確認の上計算し、得点の高いプレーヤーが勝者となります。

カードを多く集めなくてはならない、しかし多くの色を集めてしまうと、マイナス点が大きくなり得点が高くならないというジレンマゲーム。
プレーヤー同士との駆け引き、運が試されるシンプルで気軽に楽しめるカードゲームです。

このゲームを詳しく見る