ボードゲーム紹介
3目並べ×神経衰弱

クローク

コマを隠したり移動したりしながら三目を揃える木製コンポーネントのボードゲームです。

手番にはコマを1個選んで隣接するスペースに移動させます。小さいコマは空いているスペースへ、大きいコマは空いているスペースか、小さいコマのあるスペースに移動できます。小さいコマのあるスペースに移動すると被せることができ、そのまま一緒に移動することもできます。小さいコマの色は4色あり、同色3個が一列揃ったと思ったら宣言してオープン。失敗すれば1回休みで、2回成功させたプレイヤーが勝者となります。

記憶だけでなく、先の先を読んだ駆け引きも求められるゲームです!

購入はこちら

ゲーム名
KLOAK
作者
Tim Walsh  
発売年
2022
メーカー
株式会社カワダ  
タグ

こんなゲームもいかがですか?

今週のオススメボードゲーム

プロジェクトL

ピースを獲得し、枠にぴったりはめてパズルを完成させていく拡大再生産パズルゲームです。

自分の番では以下のアクションから好きな組み合わせで3回アクションを行います。

A.作りたいパズル枠を場から取り自分の前に置く。
B.1マスのピースを取る。
C.手持ちのピースを1つ戻し、代わりに戻したピースのマス数プラス1マスまでのピースを取る。
D.自分の前のパズル枠に手持ちのピースを置く。
E.自分の前の各パズル枠にそれぞれ1つずつピースを置く。(このアクションのみ1手番に1回まで)

パズルの枠が全て埋まったら完成で、示されている得点とピースを得ることができます。
完成させたパズルの合計得点が高いプレイヤーが勝利です。

パズルを完成させると使ったピースは全て手持ちに戻ってきて、さらに新しいピースがもらえるので、どんどん使えるピースの数が増えていってパズルが完成させやすくなっていきます。
パズルにぴったりハマった時の爽快感と使えるピースの数が増えていくワクワク感を味わえるゲームです。

このゲームを詳しく見る